主婦でも消費者金融でお金借りれる?

主婦のように生活費を夫の収入に依存している場合、消費者金融でお金を借りることはできるのでしょうか。

 

現在は貸金業法が改正されて、年収の1/3までしか借りることができません。

 

つまり専業主婦のように自分名義の収入がゼロ円という場合には、消費者金融では借りることができないのです。

 

ただしこれは専業主婦に限ってのことですので、主婦でもパートやアルバイトをしているような人なら少なくても自分の収入があることになります。

 

この場合、自分の年収の1/3まで借りることが可能です。金額は少なくなってしまうでしょうが、借りられる可能性があります。

 

配偶者貸付制度というものがあり、配偶者の同意があれば専業主婦でも借りられるのですが、これを適用しているのはほとんどが銀行のカードローンです。

 

この制度が適用されたなら借りられる金額は、夫婦の年収を合算した1/3まで借り入れすることができます。

 

ですが大手消費者金融では、軒並み専業主婦の申し込み自体を断っています。

 

まとまったお金が必要なら最初から夫が契約する、あるいはパートやアルバイトで働いて収入の実績を作ってから借りるという方法を取るしかありません。

 

収入が少なくても定期的に受けることができる給料があるということが、主婦が消費者金融でお金を借りるためには重要なのです。